目的別の日帰りバスツアー|あると便利なアイテムも紹介

バスツアーの目的

地図

グルメの旅

バスツアーの目的としておススメなのが、ご当地グルメの旅です。いまだ食べたことが無いご当地の美味しい物をめぐるツアーは、心が躍るものです。食べ放題付きといったツアーに参加したり、フルーツや野菜を収穫したりするような内容は子供から大人まで楽しむことができるでしょう。

歴史を知るツアー

バスツアーで歴史を感じたり、実際の土地に訪れて知識を深めたりしていくような楽しみ方をおススメします。大人も子供も一緒に学ぶことができることも良いところです。目で見て体感することによって探求心をさらに高めることができたり、勉強をしはじめるきっかけを作ったりすることもできるでしょう。お子さんの夏休みの宿題の一環として旅行をすることもできます。

自然を楽しむ旅

普段自然と触れ合う生活はなかなかできないという方も多いでしょう。日帰りバスツアーは気軽でありながら、普段と違った自然を体感することができるのです。例えば、秋は紅葉が美しい山のツアーに参加してみたり、花園に行くことできちんと整備された美しい花々を観たりする事もできるでしょう。季節によって移り替わる自然を楽しむ旅は、心を豊かにしてくれるものです。ゆったりと心が癒されるような旅にしたい方におススメです。

あると便利なアイテム・ベスト5

no.1

お土産を入れる

日帰りバスツアーであると便利なものが、お土産袋です。何人にお土産を買って帰ろうといった計画を立てておいて、お土産が入るような大きい袋を準備しましょう。お土産をひとまとめにすることができて非常に便利であると同時に、お土産が他の旅行者の荷物に混ざってしまうといったトラブルを避けることもできるでしょう。また、お土産を沢山入れても破れてしまわないような材質の袋を選ぶこともポイントです。

no.2

寒いときの羽織もの

バスの車内の冷房が効きすぎていることが良くあると思います。バス車内の冷房の種類によっては、個人で冷房を調節できないものもあります。座る位置によって冷房が直接当たってしまい、辛い経験をしたという方もいる事でしょう。そのような時に役立つのが薄手のパーカーやウィンドブレーカーといったものです。薄手のビニール質の洋服であれば、荷物が増える心配もありません。必要がなければ座席に置いておけば良いでしょう。

no.3

おかしを持参する

旅行を楽しいものとするためには、自分で出来る工夫があります。それはおかしを持参することです。おかしをつまむことで、会話が生まれることもあります。バス車内では隣の席の方とおかしを交換すると旅行がもっと楽しいものとなるはずです。またお子さんと日帰りバスツアーに参加する時でも、お子さんが車内で退屈してしまわないような工夫としておかしを持参することが最適でしょう。ゲームや読書をすると気分が悪くなってしまいがちですが、ちょっとつまめるおかしであれば、お子さんを喜ばせることができます。持ってくるお菓子として良いのが、ひとつひとつ包みなどが付いているようなものです。手が汚れる心配もなく、誰かに渡しやすい形だからです。

no.4

酔い止めの準備

日帰りバスツアーで最も辛い経験となってしまうのが、バス酔いでしょう。普段はバスに酔わないという方であっても、日常とは違う状況下では何が起こるかがわからないものです。万が一のために、酔い止めを持参していると安心でしょう。特に座席は後ろである方が揺れが大きい傾向にあります。バス酔いしやすいという方は、前方の座席に座るか、あらかじめ予約や相談を行うといった工夫をすると良いでしょう。

no.5

イヤホンやヘッドホン

移動中に欠かせないのがイヤホンです。音楽などを聴きながら旅をするのもバスツアーの一つの楽しみ方となります。車内では他のお客さんもいるため、イヤホンを利用する必要があるでしょう。そのイヤホンについてもポイントがあります。バスの車内は基本的に無音となってるため、イヤホンから音漏れが発生することがあるのです。音漏れ防止タイプや性能の高いイヤホンを利用すると心配ないでしょう。

広告募集中